アクアマリンは、エメラルドモルガナイトと同じ、ベリルという鉱物グループの天然石です。

 

そして、3月の誕生石として有名ですね。

近年、『幸せな結婚を象徴する石』として、女性からの人気が非常に高まってきている石です。


身につけると、まるで穏やかな海に身をゆだねているような、清らかな癒しのエネルギーで満たしてくれます。


それは、海がすべての生命の源であるからでしょうか。

 

母なる存在の海は、私たち生命やすらぎと穏やかな癒しをもたらしてくれるようです。
海のような癒しをもたらしてくれるため、周りの人に対しても優しく穏やかな気持ちで接することができるようになるなど、コミュニケーション能力をUPしてくれるといわれています。
また、人と人を調和させるパワーも持ちますので、仲違いしている夫婦や恋人には、仲直りのキッカケをそっと与えてくれるでしょう。

 

アクアマリンという名はラテン語

 

""を意味する『アクア』

 

""を意味する『マリン』から由来しています。


呼び名のままの、穏やかで美しい海のような宝石です。

 

その名のとおり海とのかかわりも深く、船乗りたちの間では航海安全豊漁のお守りとして大切にされてきました。

だけではなく、旅行などにも身につけていくと不慮の事故や災害から身を守ってくれるでしょう。

 

アクアマリン別名『天使の石』と呼ばれ、美しい若さと幸せな喜びを象徴するとも言われています。

『幸せな結婚』象徴するとともに子宝に恵まれる石としても人気の石ですので、結婚を控えている人への贈りものとしても喜ばれるでしょう。

その魅力は、フランス王妃"マリーアントワネット"ダイヤとともに愛してやまなかった宝石であると伝えられているほど。
中世ヨーロッパでは、ロウソクなどの夜の照明の中でとりわけ美しく輝くことから、夜会用の宝石「夜の女王」としても好まれていました。
 

また、"月の光を受けて輝く"という幻想的な特性を持つ宝石であるため

別名「人魚石」とも呼ばれることがあるそうです。

 

さまざまな呼び名で昔から親しまれてきたのが良くわかりますね。

 

アクアマリンに惹かれる人は、言葉で上手く表現できないようなモヤモヤを心の中に抱えている事が多いようです。

 

『言いたい事が言えない』

 

『やりたい事ができない』

 

『もっと自分らしさを表現したい

 

という欲求が、この石を求めているのかもしれません。

 

そんなときはアクアマリンを身につけて、時々じっと見つめるように過ごしてみて下さい。

少しずつ少しずつ、心のバランスが整って、あれほど難しく思えた事がとてもシンプルに見えてくることでしょう。

アクアマリン 【内寸 16.5㎝】

¥2,980価格