浄化方法

お手入れ・浄化方法
お香やホワイトセージなどによる浄化

セージを使っての浄化方法としては、換気のために窓やドアを開けておいてから、セージの葉の先端に火をつけます。
セージに火がついたら、セージの葉を振って火を消し、煙だけが出る状態にします。
この煙に浄化効果があるとされます。
耐熱の器にセージの葉を置き、感謝の祈りを込めながらパワーストーンを煙の中に10~20秒ほどくぐらせてあげます。
このときに灰皿を用いる場合は、喫煙で使用したものは避けましょう。
セージの葉から火が完全に消え、煙が出なくなったことを確認し、室内に残る煙を開放するために換気をして終了です。
お香もセージと同様に、煙の中にパワーストーをくぐらせます。
特にセージは空間浄化の力に優れていますので、パワーストーンだけでなくお部屋の浄化にも使えるのがポイントです。

火を使うために火災に注意すること、また煙によって浄化を行うために、場所によってはやりにくいといった点もありますが、パワーストーンに少し違和感を感じる場合などに気軽にできる浄化方法です。

水晶クラスター、水晶さざれ石などによる浄化

水晶を用いた浄化はクラスターを使う方法が良いでしょう。
水晶クラスターの上に、浄化したいアイテムを置いておくだけと、方法がとても簡単なのでデイリーケアに取り入れやすい方法です。
家に帰ってクラスターの上に置けば、寝ている間に浄化が完了しますので、翌日にはそのまま再び身につけて出かけられます。
また、水晶クラスターは原石の状態ですので、外部からのエネルギーの影響を受けることがほぼありません。
ですので、水晶クラスター自体を定期的に浄化をする必要がないということも利点の一つに挙げられるでしょう。
また水晶クラスターは、先端があらゆる方面に向いていることからわかるように、多方面にエネルギーを放出する力を持ちます。
そのため、クラスターを置いている空間のエネルギーをクリーンにしてくれるのも、水晶クラスターの特徴と言えます。
ただし、ずっと浄化をしていなかったり、強烈なネガティブええルギーを受けたときなど、石がとても疲れている場合には、水晶クラスターによる浄化では足りない場合があります。
そういった場合には、塩を使う浄化方法などに切り替えるなど、適宜対応するほうが良いでしょう。

 

水晶さざれ(チップ)での浄化については、少し留意してほしい点があります。
それは、原石のままの状態のものとは違い、磨かれた状態の石には周囲のエネルギーを吸ってしまう傾向が強くなるということ。
つまり、周囲の環境からの影響も受けやすくなっていますので、他のパワーストーンのエネルギーを完全に浄化できるわけではないのです。
もちろん、全く浄化ができないというわけではないのですし、ただパワーストーンを浄化もせずに置いておくのに比べるとやる方がいいでしょう。
しかし、さざれの量を多くして浄化するのであればいいかもしれませんが、少量のみで行おうとするのは効果が現れにくいため、難しいと言えるでしょう。
水晶さざれを使う場合は、一定量を使用した浄化を心掛けてください。
また、水晶さざれ自体が疲れてしまって、何回も浄化できないということも起こり得ます。

水晶さざれが少量しかない場合のおすすめの使い方としては、例えばお気に入りの器などに水晶さざれを敷いて、インテリアと兼ねてパワーストーンの休息場所とするのが良いでしょう。
また、観葉植物の鉢植えに撒いておくと、植物・土との間でエネルギーの良い循環が起こリますので、これもオススメです。
また、大量に水晶さざれがある場合は、敷き詰めるように置いておくと、その場のエネルギーを良い方向へと変えることもできます。

水による浄化

水を使っての浄化方法は、マイナスのエネルギーを洗い流して綺麗にしてくれる方法です。
使用する水は、人に汚染されていない川や湧き水などの綺麗な天然水が一番好ましいですが、もちろん水道水でも浄化は可能です。
自然の水で浄化ができる場合には、パワーストーンを流してしまわないように細心の注意をはらいながら、手のひらなどに載せて水にくぐらせます。
この時、浄化の時間は短くても大丈夫です。
石がきれいになった、スッキリしたという感覚を受けたら、水気を丁寧に拭き取って終了です。

水道水で浄化を行う場合には、ボウルや小皿などの深さのある容器にパワーストーンをいれ、上から水を流し入れます。
この時、水はチョロチョロとでいいので流しっぱなしにしておいてください。
毎日の浄化であれば1時間もすれば充分ですが、石がひどく疲れている場合やしっかりと浄化したい場合には、一昼夜そのままの状態で置いておきましょう。
浄化が完了しましたら、丁寧に水気を拭き取ってください。

お持ちの石によっては、水による浄化方法が向かないものがありますので、浄化を行う前に必ず自分のパワーストーンの性質を確認しておきましょう。
また、アクセサリーに加工されていて金属や革などを使っているアイテムや、ゴムを使ったブレスレットなども、水分によってパーツの劣化が起こる場合がありますのでご注意ください。

太陽による浄化

太陽光での浄化方法はとてもシンプルで、パワーストーンに日光浴をさせるようなイメージの浄化方法です。
太陽光の持つ強力なエネルギーをパワーストーンにチャージさせることで、パワーストーンのエネルギーが高まります。
方法としては、一番パワフルな力を持つとされる日の出から午前中の太陽の光を、パワーストーンに当ててあげるだけ。
太陽光に当てる前に水などで浄化しておくと、ネガティブエネルギーを抜き去ってプラスのエネルギーをチャージできるという、エネルギーの好循環が生まれますので特におすすめです。
パワーストーンを早朝の太陽光に当ててあげるのが理想的ですが、なかなか日常生活で難しい場合には、明るい窓際に石を置いておくだけでも効果はあります。
この場合は、日没と同時にパワーストーンを取り込むことをお忘れなく。

お持ちの石によっては、太陽光によって石が褪色してしまうことがありますので、浄化を行う前に必ず自分のパワーストーンの性質を確認しておきましょう。
また、丸玉などはレンズ効果によって火災を引き起こす可能性があります。
丸い形で大き目の透明な石は危ないので、直射日光が当たる場所に置いたままにしないでください。

月光による浄化

月光での浄化方法はとてもシンプルで、パワーストーンに月光浴をさせるようなイメージの浄化方法です。
月光の持つ清らかなエネルギーによって、パワーストーンを清め、さらにエネルギーのチャージもすることができます。
また、月は人を始めとする生物の生理的な部分に強い影響を及ぼすことから、月光での浄化というのは太陽光での浄化に比べると天体的なエネルギーの要素が強いと感じます。
そういう意味において、月光浄化というものは浄化というよりも、何らかの特性強化をしていると考えることもできます。
浄化の方法としては、一番パワフルな力を持つとされる満月の日に、月の光をパワーストーンに当ててあげるだけ。
満月の夜が一番理想的ですが、新月から満月へと向かう満ちていく月の光も、月のエネルギーが増幅していっていますので浄化に良いでしょう。
月光での浄化は、全ての石に対応できる万能な浄化方法です

塩による浄化

塩を使っての浄化方法としては、小皿などに塩(天然のもの)を盛り、パワーストーンを10~20分程度埋めておきます。
その後、流水(水道水で可)に10~20分程度さらしてあげてください。
注意点としては、塩により劣化してしまうなど合わない石があるということ。
そのため、まずは自分のパワーストーンが塩を用いても大丈夫かどうかを確認しておきましょう。
その場合には、麻やシルクなど天然の素材を使った布などで石を包んで塩に埋めてあげれば、石へのダメージもなく浄化ができます

また、塩での浄化を行うと、一時的に石の良い部分のエネルギーが弱まってしまうことがあります。
塩で浄化を行った後は、太陽光などパワーストーンにエネルギーを補給できるものでチャージ浄化を行うと良いでしょう。
マイナスのエネルギーを抜く→プラスのエネルギーを入れる、というように、浄化によってエネルギーの循環が促進できれば、パワーストーン本来の力はさらに発揮されやすくなることでしょう。

塩を使った浄化は、本当にパワーストーンが弱ってしまっている場合におすすめの浄化方法であり、デイリーケアとしてする必要はありません。
塩が持つエネルギーを抜き去る力はとても強力なため、そこまで頻繁にしないほうが良いのです。
一番身につけているパワーストーンがどうもしっくりこない、元気が無いような気がするというように感じられた際のとっておきの浄化方法として行うと良いでしょう。

音による浄化

音による浄化方法は、クリスタルチューナーなどの音をパワーストーンに聞かせることで浄化する方法です。
クリスタルチューナーとは、毎秒4096ヘルツという高周波を発するように調律されている音叉です。
4096ヘルツの高周波は、地球の基本振動(8ヘルツ)を増幅して9オクターブ上昇させた音。
この高周波数は天使界の入り口にあたる音とされ、クリスタルチューナーを鳴らすことで天と地の架け橋を創り出すことが出来るそうです。

浄化の方法としては、クリスタルチューナーを浄化したいパワーストーンに向けて鳴らし、音を聞かせてあげるだけ。
クリスタルチューナから響き出す美しい音色で、パワーストーン内に溜まったネガティブなエネルギーが解放されます。
特に水晶と一緒に使うことで、水晶の持つヒーリングパワーを増幅しますのでおすすめです。
また、クリスタルチューナーは空間の浄化としても非常に有益で、また自分自身のヒーリングにも効果を発揮してくれます。
瞑想などの前に、場を作るためにクリスタルチューナーで空間を清めるのもおすすめです。